国家による【恐喝】NHK受信料問題!!

さて今回は、毎度物議を醸す『NHK受信料』問題を見て行こう

ちなみにおじちゃん、この件では以前から『激おこ』だ!!

まずはこの、ふざけたNHKの受信料徴収案を見て欲しい


≫NHKは12月の総務省の有識者会議で、受信契約を結んでいない世帯にテレビの設置状況を申告させる案を示し、事実上、法改正の検討を求めた。

一方、インターネットで番組を常時同時配信することになれば、テレビの受信契約を結んでいない世帯からも料金を徴収したい考えだ。

NHKが提示した案はイタリア公共放送が導入したもので、受信料の支払い率の向上が確認されたという。NHKの受信料の支払い率は77%にとどまっているが、「テレビがない」ことを理由に契約を結ばない世帯が多いようだ。

※1【改革案では、契約していない世帯にダイレクトメールを送り、本当にテレビがない場合は申告してもらう。虚偽の場合は罰則を科す一方、申告がない世帯は「テレビがある」とみなす。NHKは「視聴者、国民の理解を得ることが前提だが、契約収納活動の困難性を大幅に軽減できる」と強調している。 】

※2【このほか、インターネット常時同時配信が認められた場合、NHKと視聴契約を結んだスマートフォンやパソコンの保有世帯から受信料を徴収する)。 】
(産経新聞より)

http://www.sankei.com/economy/news/161226/ecn1612260031-n1.html

「ふざけんなクソ野郎!!」って君達は思わないかな?

何から何までツッコミどころ満載だ!!

まず※1の様に、本当にテレビ持って無くても、申告しなきゃ受信料取るって何様のつもり何だと小一時間!!

それって完璧に『振り込め詐欺』じゃん!!

何だよダイレクトメールで確認って?
まるっきり『振り込め詐欺』そのものじゃんか?

そもそも論として、『受信契約』していないのなら、過去のアナログ放送ならともかく、今のデジタル放送なら【B-casカード】でNHKに簡単にスクランブルが掛けられる!!

それなら、ダイレクトメールで確認するなり、新規でテレビを買う、もしくはテレビの買い替え時に、電気店で『NHKに契約しますか?しない場合、NHKが受信出来ないB-casカードをおつけします』で良いのでは無いかな?

な?『そもそも論』からしておかしいだろ?

それに民間の有料放送の『WOWOW』や『スカパー』等は、契約しなければスクランブルが掛かって見れない!!

この民間放送局との整合性が、全く取れてないだろ?

これを例え話にすれば、ある日押し売りが(NHK)が自宅に押し掛けて「おら!これを売るから金払え!!」ってやってるのと同じだろ?

更に例えれば、ある日ダイレクトメールが来て、テレビが有るとか無いとか答えたら、勝手に受信契約されて、受信料振り込めって、完全に『振り込め詐欺』だろ?

これが『スカパー』や『WOWOW』や『ケーブルテレビ』なら、あっと言う間に『逮捕』だろ?

つまり、完璧な【恐喝】で有り、刑法に違反する

何でNHKだけが『振り込め詐欺』や『恐喝』に成らない道理が有るんだ?

だからおじちゃんは、昔からNHKを『国家暴力団』と呼んで居るんだよ

やってる事は押し売り詐欺で、完璧な恐喝だからな!!

さらに※2に至っては最早空いた口が塞がらない(怒)

何だよ!パソコンやスマホ持ってりゃ受信料払えって!!

これも『スカパー』等と同じで、インターネット放送は、有料放送なら課金しなけりゃ一切見れないだろ?

『Hulu』にしても『YouTube』にしても、有料コンテンツは課金しなければ見れない

なのに勝手に垂れ流して、『見たから金払え』?

完璧な詐欺だろ?

インターネットだから『ワンクリック詐欺』見たいな物だな!!

勝手に垂れ流しておいて、有料放送も何も有った物では無い!!

こんな無法を総務省やらNHKが、真剣に話し合ってるんだぞ!!

もうね!!馬鹿かと!!

ハッキリ言う!!『総務省』も『NHK』も犯罪者集団だと!!

何を合法的に【詐欺】や【恐喝】をやろうとしてるんだ?

だったらサッサと『NHKを完全に民営化しろ!!』

そうすると、受信契約者が激減するのを分かっているから、こんな明らかな詐欺や恐喝をしようとしてるんだろ?

事は『国民年金』や『国民健康保険』の様な、法律で加入が義務付けられた物とは話が全然違うんだよ!!

これを見て欲しい


≫日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う※【特殊法人】。総務省(旧・郵政省)が所管する。
(Wikiより抜粋)

と言う訳で、実は半官半民の『特殊法人』で有り、厳密には【国営】放送では無い

つまりNHK職員は、実は公務員では無い!!

だからおじちゃんは『完全民営化』と言う言い方をしているんだよ!

ここで『おや?』っと思った読者は感が鋭い!!

つまり!そもそも『半官半民』の特殊法人が、【完璧な犯罪行為】で有る『振り込め詐欺』や『恐喝』をして良いのか?と言う事だ!!

あからさまに『おかしい』だろ?

しかもNHK職員は、不当に高い給料を得ていると言う話が有る

ちなみに【平均年収1720万円】だぞ?

君達はどう思うかな?

そしてNHKは、誰得の『韓流ドラマゴリ押し』を未だに続け、反日報道『英霊を犯罪者呼ばわり』『在日コリアン犯罪は、相変わらず通名か報道しない自由』『英語の語学番組に、なぜか韓国人ばかり出演』など、枚挙に暇がない!!

特に最近騒がれた『ヤラセ貧困女子高生』事件

そしてこれらの不祥事の数々だ!!


≫1992年(平成4年)に放送されたNHKスペシャル『奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン』にやらせがあった。同番組の制作にあたって、日産自動車の協賛(自動車2台と1000万円以上と言われる資金)を受けていたことが発覚。

2001年
1月30日に放送された、ETV特集シリーズ「戦争をどう裁くか」において、改変等を巡り制作者らと問題になり、裁判に発展した(詳細はNHK番組改変問題を参照)。また、日本国政府が、朝鮮民主主義人民共和国の工作員と断定している人物2名を、工作員であることを隠して番組に登場している。

2004年
NHK紅白歌合戦の担当プロデューサーによる制作費の不正支出が、週刊文春の報道によって発覚したことがきっかけとなり、さまざまな問題や不祥事が明るみに出た。NHKは激しい批判にさらされ、NHK受信料の不払いが続発した。この時、職務が変わらないにもかかわらず、年功的に昇給する「わたり」や昇給短縮が給与慣行として行われてきた現状が指摘されている。

NHK関連33団体の2005年度末の余剰金が、計886億8800万円に上ることが、会計検査院の調査で判明し、改善を求められた。

NHKスペシャル『日本海軍400時間の証言』の中国でのロケに参加していた映像制作会社所属の男性が、現地での中国共産党関係者が開いた宴会で、中国流の「乾杯」で、アルコール度数の極めて高い酒を何度も飲まされて泥酔状態に陥り、翌日、吐瀉物を喉に詰まらせ死亡した。死亡男性の両親は、渋谷労働基準監督署に遺族補償一時金や葬儀代などの支払いを求めたが却下されたため、東京地裁に提訴。2014年3月18日に同地裁は「中国人参加者の気分を害しないようにするためには、大量の飲酒は断れなかった」として、労働災害に当たるとの判決を出した。

2010年
7月2日、NHKの関連団体・NHKサービスセンターで、派遣従業員として勤務していた女性について、名目は専門業務派遣だったにもかかわらず、実際は庶務的な一般の職務に就かされていたとして、東京労働局が同サービスセンターに対し「偽装派遣である」として指導を行い、同センターが直接雇用に切り替えていたことが判明した。

NHK放送技術研究所の主任研究員が音響設備会社に架空発注を行い、約280万円を振り込ませたり百数十万円相当の物品を受け取っていたとして、同職員を懲戒免職処分とし、詐欺の疑いで警視庁に刑事告訴すると公表した。
(Wikiより抜粋)

≫NHKの「反日」台湾強調の偏向番組「JAPANデビュー」に怒りの声続々
本会は小田村四郎会長が正式に抗議声明を発表
NHKが4月5日に放送したNHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー」第1回「アジアの“一等国”」を観た読者から続々と感想が寄せられている。

台湾でもこの番組を観ていた人が結構いたようで、放送の翌日はもっぱらこの話題に終始し、若い世代の間でも「僕のおじいちゃんは日本大好きなのに、あの番組は変だよ」「NHKはどうしてこんないい加減な番組を日本人に見せるのだろう」という疑問の声が多数を占めたそうだ。蔡焜燦氏からも「大変不快だった」との声が寄せられている。
(日本李登輝友の会様より)

http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/nhk/

とまぁ、やりたい放題だ!!

これでも、NHKを特殊法人のまま存続させる意味が有るのかな?

しかも!『振り込め詐欺』や『恐喝』を合法化しようとする連中がだ!!

おじちゃんは既に『自民党』『安倍晋三事務所』『首相官邸ホームベージ』『総務省』等に抗議文を出した!!

君達も出来たら各方面に『強制受信料(受信契約)断固反対』のメールを出して欲しい

これ以上NHKの横暴を許しては『ダメ絶対!!』だぞ!!
どうだったかな?

常々NHKの受信契約問題には、ほとほと腹を立てていた!

NHKが有料放送(受信契約)を開始した当時、テレビ受像機(要するにTV)は、大変高くて庶民の手の届く物では無かった!

テレビ(NHK)放送開始当時の価格は、公務員初任給が【5400円】の時に、何と!【175000円】もしたんだぞ!!

知ってる人達は知ってるかも知れないが、だからテレビ放送開始当時は、街頭テレビ(街角に設置されたテレビや小型トラックに積んだテレビ)を庶民は見るしか無かった

テレビの本放送が開始された1953年当時、民放は【日本テレビ】しか存在せず、事実上有料放送ノミに近い状態だった

だから現在の感覚で言えば
、ネット動画を見たくて【タブレット端末】なり【パソコン】を買ったら、『YouTube』と『Hulu』しか無かった(無料サービスと有料放送)見たいな物だな?

一番最初の理念としては、『高級なテレビ受像機を買える人達に、今後のテレビ放送普及の為に、応分の受信料負担をお願いする』と言った感じだったのだろうと推察される

ちなみにNHKの放送理念はこうだ!


>「いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を分け隔てなく伝える」
(NHKオンラインより)

この理念からしても、おじちゃんの推察はあながち間違っても居ない気はするが?どうか?

さらに受信料徴収については、こう答えている

>特定の勢力や団体に左右されない独立性を担保するため、とNHKは説明している。また、NHKはその法的根拠を放送法に求めている

【放送法第64条(受信契約及び受信料)】
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。※【ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。】
(Wikiより抜粋)

とまぁ、おじちゃんが本文で指摘した通り、NHK見る気が無いなら受信契約を断れる筈なんだよな?

ちなみに総務省は、この『放送受信を目的としない』について、「電気店設置の(つまりサンプル展示の)テレビに限る」何ぞと言い訳としか思えない事をのたまって居る(怒)

とことん!国民をコケにしていると思わないかな?!

民放が普及し、テレビも量産効果で大分安く成った段階で、NHKはその役割を終えているし、継続するなら『完全自由契約』にするか、広告(CM)を放送して無料化するか、所得税に含めて(つまり累進課税)受信料を徴収するべきでは無いかな?

ちなみに『特定団体や意思を除外する』と言うNHKと同じ理念を掲げて開始された、インターネット放送局『チャンネル桜』は、個人や企業からの寄付で運営されているが、普通にタダでYouTubeで見れるぞ(笑)

この様に、既にNHKの役割はとっくの昔に終わっている!!

少なくとも、NHK総合チャンネルの地上波は必要無い

NHK総合の番組(大河ドラマや朝ドラや相撲中継)が見たければ、NHK衛生放送に統合して、見たい人だけ契約すれば済む事だろ?違うかな?

NHK教育も衛生放送ノミにして、学校の授業料に含めるか、或いは『授業料無償化』同様、行政サービスにしてしまえば済む事だ!

国会中継は、無料のラジオ放送でやれば良い(ラジオは受信契約不要、つまりタダ)

な?矛盾【しか】無いだろ?NHKは?

ちなみに、イギリス国営放送BBCも、やはり受信料徴収に関して国民からの不満が多いそうだ!

最早NHKなど『完全民営化』するべき時なのは、誰の目から見ても明らかでは無いかな?

それをやらずにNHKの既得権益を後生大事に守ってやる必要は無い、ましてや民間の共済組織【全農】を無理矢理解体させようとしているのは何処の自民党の安倍内閣かな?

みんなも良く考えて見て欲しい