まず始めに「財務省の陰謀‼」の根拠をお話しします‼
(陰謀の根拠1)

「2018年消費税10%を、絶対に達成する‼」

これを阻止する最大の抵抗勢力は゛安倍政権゛なのです。
過去に財務省の増税を阻止した政治家は゛安倍晋三総理゛のみなのです。
ご存知の様に財務省は「官僚組織の中の官僚組織である‼」という自負とエリート意識の塊なのです。(笑)

俗に言う「平氏に有らずんば、人にあらず」等という論理から、諺が産まれました‼(笑)
                                         「奢れる者久しからず‼」

(陰謀の根拠2)

「日本国は国家財政破綻に危機。1000兆円返済するには国民1人当たり828万円が必要‼」

これって、全くの゛嘘・捏造情報拡散゛です。

説明します。(笑)

日本国債発行残高1000兆円有る。
間違ってはいませんが、ここには言葉が足りません‼
1、「日本国有資産(財産)は、総合計500兆弱有ります。」
2、「日本国債の所有者は、日本国民95%・外国人投資家5%という事実‼
3、「日本国債購入95%は、日本の機関投資家・企業・個人投資家である‼」
4、「日本の機関投資家の所有者は、日本国民の預金と企業社内留保金‼」
1~4で解りますが、
                      「日本国債の債権者は゛日本国民゛なのです‼」



多分に皆さんはご存知の様に、日本の個人金有資産1800兆円、企業社内留保380兆円で、合計2180兆円が銀行に有るのです。

銀行はこのお金を運用して「会社運営」しているのが現実です。

要するに 「日本国債は日本国民が95%所有者」なのです‼(笑)
皆さんが日本国債の債権者なのです‼(笑)爆笑
(財務省の陰謀その3)

現国会で審議を混乱させている゛森友学園問題゛と゛加計学園問題゛の2つです。

検証1、
森友学園問題の根拠は「近畿財務局」と購入者籠池氏。
加計学園の問題は「文部科学省」の認可課程。

検証2、
どちらも共通するのは、゛安倍晋三総理の関与゛で政治責任を追求する演劇がされています‼(笑)~私から見れば゛赤坂゛で練られたシナリオです。(笑)

最初の森友学園問題でも、当初は安倍総理と安倍夫人を的に展開していましたが、日々追って世間にその問題が知られることになって、追求する側民進党急先鋒辻元清美議員と゛TV取材クルーと証言者作業員との関係暴露゛されるに至って、結果的に「デッチあげ報道」と「森友学園籠池理事長と辻元議員との関係へ波及」して、いつの間にかTV報道も萎んでしまいました。(笑)

次に起こったのが現在進行中の゛加計学園問題゛ですが、前川前文部科学省事務次官が、TV会見で゛総理府の忖度依頼があった‼゛という流れを作りました。

結果を総合すると、世の中結果的に誰が「利益を得るか?」の視点で見ると、私的にはこんな答えが導き出されます‼(笑)(笑)(笑)

答え「全ては゛財務省の陰謀゛~安倍政権潰しが発端‼」

皆さんは家庭でも゛大蔵省=奥さん゛という認識が有るやに思います。(笑)
これを国家に当て嵌めると゛財務省=国家゛という認識が有ると思います。

皆さんはTV報道や過去には日本国最高学府「東大‼」という報道や、官僚出身大学リストなどが普通に世に出ていましたが現在は秘密保護法の枠内に、国民やマスゴミが自主規制という言葉に踊らされて、世に出なくなりましたが現在でも変わりは有りません。

東大卒業生が目指す最終就職先が「国家公務員上級採用=国家機関幹部候補生=俗に言う゛キャリア官僚゛」なのです‼(笑)

今回、心有る東大卒業生が多分に思っているかと思います。(笑)
                       「お前まで東大ブランド失墜させるのか‼」

普通の感覚を持っている「本当の優秀頭脳=日本の宝人材‼」は、皆さん思っているのです‼🎵

今回私がブログで問題視する「財務省の陰謀‼」というテーマには、もっと日本の最高頭脳を、日本国民に還元できる存在として、思いきり活用して欲しい願いが有ります。🎵

皆さんに問いかけます‼

日本に住みやすい国家にしたいですか?
日本では「教育の機会を全ての国民が享受できる」システムが良いですか?
日本を「普通の国民が安全に生きられる社会」を希望しますか?
日本を「似非日本人(在日)に特権」を永遠に与えますか?

問題の源泉は「国家財政を預かる゛財務省゛が牛耳っている」という現実が、今回の「安倍下ろしの真相‼」です。

ここで、一般国民の皆さんが喜ぶのでしょうか?
                         「消費税10%へ2018年に実施する‼」

これを阻止して、本当は日本経済20年の゛失われた日本゛を演出した「真犯人=財務省‼」は、安倍政権下「国家安全保障機関NSC」で権限骨抜きにされた゛怨念と、゛財務省権限の縮小゛に抵抗する結果が、今回の問題の根底にあります。

ここまでの私の主張を吟味して、突っ込みを期待します‼(笑)(笑)(笑)