国籍条項日本人限定を願うの会のブログ

青い文字をクリックするとリンクできますよろしくお願いします。

秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定した小室圭さんが勤務する東京都中央区の奥野総合法律事務所・外国法共同事業によると、小室さんは約20人いる一般事務員の1人として勤務しており、得意の英語を生かし、契約関係の書類などの英訳を担っている。事務所の幹部は、「真面目でどんな仕事も嫌がらず引き受ける」といい、お茶入れや電話応対なども積極的にこなしているという。

「“小室さんの仕事に支障がない”ということで、ふたりで相談して日取りを決めたそうです。ただ、その日は土曜日。小室さんは弁護士の補助をするパラリーガルとはいえ正社員ではありませんし、勤務日数も週3日ほどだというのにわざわざ休日に設定したのはちょっと…」(皇室ジャーナリスト)

「生活基盤がなくても結婚しようというのは、一般的な国民意識とかけ離れているのではないでしょうか。結婚後、眞子さまがバリバリ働いてお金を稼ぐというのが現実的でない以上、年収200万~300万円前後のパラリーガルとして小室さんが働いている限り、眞子さまが多大な苦労をされるのではないか、と心配する意見があるのです。眞子さまは、経済的にはご実家である秋篠宮家に頼らざるをえないのではないでしょうか」

小室さんが購入した節約本が、注目されている。食材まとめ買い、小分けにして冷凍、豆苗(とうみょう)を水につけて2回収穫、缶詰活用など、2
人で食費を月2万円でおさめる工夫をイラストで紹介している。書店の男性店長によると、この本は先月24日に発売。夕方に来店した小室さんは、料理本の本棚周辺を見て回り、この本を買ったという。

「その後の週刊誌の取材で、小室さんと分かりました。最初は、眞子さまと結婚される方が、節約レシピの本ということで驚きました」と店長。
眞子さまとの新生活に向け、節約レシピを勉強する姿に「大変しっかりした、思いやりのあるお人柄なのだなと実感しました」と振り返った。

一般の結納にあたる「納采の儀」まで1か月を切っていた2018年2月6日、眞子さま小室圭さんの結婚関連行事が、2020年に延期されることが発表されました。

さまざまな憶測が流れるなか、女性セブンが小室圭さんの母の小室佳代さんが宮内庁に金銭要求していたと報道しました。

さらに、紀子さまも眞子さま小室圭さんの結婚に反対している報じており、母同士の衝突が避けられない状況のようです。


【紀子さま唖然】小室圭さんの母が宮内庁に金銭要求していた!母同士の衝突で眞子さまの結婚は?


紀子さまと佳代さんが顔を合わせた機会は、恐らく数えるほどしかないだろう。昨年9月の婚約内定会見の夜、佳代さんは秋篠宮邸で行われた食事会に出席した。

「当初予定されていた佳子さまと悠仁さまは参加せず、どうやらその時には、結婚費用などについての金銭的な打ち合わせがなされたといわれています」(前出・皇室記者)

母子家庭で佳代さんはパート勤務。小室さんはパラリーガルとして弁護士事務所で働く傍ら、大学院に通う学生でもある。日本でも屈指の高級ホテルでの結婚式を予定しているともなれば、「お金の心配」に話題が移るのは当然のことだろう。

だが恐らくその場では、その後に騒動を引き起こすことになる「金銭問題」は語られなかったのではないだろうか。

《眞子さま 嫁ぎ先の“義母”が抱える400万円超の借金トラブル》――12月12日発売の『週刊女性』にそんな見出しが躍った。

紀子さまが記事について直接、佳代さんにお尋ねになる電話をかけられたのは、報道が出た直後のことだったという。

「その後、昨年末と年明け1月中に、佳代さんは1人で説明のために何度か秋篠宮邸を訪れたといいます。本来であれば、騒動を鎮静化する解決策を相談するはずでした。ところが直接お会いになられたことで紀子さまと佳代さんの間に決定的な亀裂が生まれてしまったそうなんです。にわかには信じがたいことなのですが、その場で佳代さんが、“騒動を収めるためにも皇室でサポートしてもらえないか”という要求を宮内庁側にしたというんです。それがどうやら紀子さまのお耳にも入ってしまったようで、これには紀子さまも唖然とするばかりだったといいます」(前出・別の宮内庁関係者)

なんとも驚くべき情報だが、その後事態は前代未聞の急展開となる。

「紀子さまの中で、“眞子さまを小室家へお嫁に出すわけにはいかない”という思いが強くなってしまわれたのかもしれません。眞子さまのお気持ちとは離れたところで、延期へと大きく舵が切られはじめました」

かつて佳代さんの元婚約者は、小室家と同じマンションに住み、小室さんの父親と親しかった。国立音大付属小学校に通っていた小室さんが10歳だった2002年、父親が亡くなり、佳代さんはシングルマザーとなるが、中学・高校ともに小室さんを「カナディアン・インターナショナルスクール」に通わせるなど教育熱心な母親だった。

小室さんが高校生のとき、男性は小室さん親子と親しくなり、「圭さんの父親代わりになれれば」という気持ちから、佳代さんと婚約。両親にも婚約者として佳代さんを紹介していた。この間、小室さんの学費など400万円以上を佳代さんに渡した。男性の知人が言う。

「貸したという認識でした。そうはいっても、婚約者の女性に、契約書に一筆書けとは言い難いところもあったといいます」

事情も重なり、婚約破棄とともに、返してほしいと伝えたが佳代さんは拒否。小室さんもはっきりと「もらったものだと思っている」と答えたという。

手元資金が苦しくなった男性は昨年末、ついに自宅の売却に追い込まれた。



こうした小室さんと男性の金銭トラブルの報道を、

「男性の気持ちは、よくわかります」

と冷ややかに見るのは、佳代さんの十数年来の知り合いというAさんだ。

Aさんは小室さんが幼い頃から交流があった。02年に小室さんの父親が亡くなったときも、佳代さんはAさんに、幾度となく涙を見せた。

「夫が亡くなってどうすればいいかわからない。生活も苦しい」

 そのAさんは、食事をごちそうし、世話をした。さらに佳代さんはこうも訴えた。

「住む場所もなく、親が借りるアパートに転がり込んでいる。夫の実家とも連絡が取れない」

 Aさんは、小室さんの父親の後を追うように亡くなった祖父の遺産相続の交渉を無償で引き受け、交渉相手に手土産なども用意するほど手厚く応じた。交渉はスムーズに運んだが、ことが済むと佳代さんは見知らぬ男性と、Aさんの元を訪ねてきた。お礼です、と茶封筒を差し出し、「遺産交渉から手を引いてほしい」と告げた。

「こちらの親切心を利用されたようで、悔しい思いだけが残りました」

それから15年余、連絡も取っていない。しかし、眞子さまとの婚約報道で、「住む場所がない」と涙ながらに訴えていたはずの佳代さんが、当時から小室さんの父親が残したマンションに住んでいた、と知った。

宮内庁の小室圭さんへの身体検査はなし?

皇族女性の結婚相手とされる人物が、こうしたトラブルに巻き込まれた事例はそうないだろう。「なぜ事前に、トラブルを抱えていないかなどの〝身体検査〟をしなかったのか」という声も世間にはある。直近では、高円宮家の次女の典子さんと出雲大社の跡取りの千家国麿さんの結婚でも、そうした「調査」はなかった。宮内庁関係者が吐露する。

「これまでお相手となったのは鷹司家や近衛家といった旧五摂家や旧華族です。清子さんの夫の黒田慶樹さんは、旧華族ではないが学習院初等科時代から秋篠宮さまの親友。みな身元がはっきりしており、調査の必要がなかったのです」

恋愛は当事者や両家のプライベート。子どもの自主性を尊重する秋篠宮家がそうした依頼を宮内庁にすることもなかったのだろう。

↑このページのトップヘ